家中ずっと暖かいこと、それが世界の常識

10/December

海外に目を向けてみると、一日中家のどこでも一定の室温ということがわかります。
季節・時間によって室温が変動する日本の暮らしは、世界ではめずらしいことなのです。

「夏をむねとすべし」は間違い?

「徒然草」で「家のつくりやうは夏をむねとすべし」と書いた兼好法師。
その通り、昔から日本の家は、夏の暑さに備えることを重視してきました。しかし、食あたりなどで夏に多くの人が亡くなっていた昔と違い、今では亡くなる方の多くは冬の季節。命を守るためには、冬の暖かさも家には大切なのです。

健康維持は断熱で改善!

アレルギー体質の方や冷え性などの改善を考えた「健康に暮らせる家」を求める方が多い現代。自然素材や無垢の床といった見える部分に目が行きがちです。ですが、実際に調査してみると、一番大切なのは「室温」でした。断熱性が高い家では、アトピー性皮膚炎や喘息が改善する、という結果が実証されました。
エアムーブ住宅では、基礎・壁・屋根を断熱材で包み、家をまるごと断熱するため、家中どこにいでも温度差が少なく、過ごしやすい環境を実現しています。

more